>>公開は終了しました<<

日本株シンプルデイトレード Meyurin式 ポイント

  • 株式デイトレードの悩みを解決できる
  • 銘柄の選定法の活用法がわかる
  • マーケットスピード/HYPER SBIの活用法がわかる

日本株シンプルデイトレード Meyurin式 検証

株式投資は時代遅れというイメージを持っていませんか?

信用取引を使ってもレバレッジは最大3倍と、FXや日経225先物等と比較する
と資金効率が悪い上に、売り(空売り)から入れる銘柄が限られている、取引量
の少ない銘柄だと売買が成り立たない場合も多いことから流動性に問題があると
いった具合に、悪い点ばかりが目立つことから、それだったらトレードしやすい
FXや先物のほうがいい
と思いますよね。

株式投資だと、東証に上場している企業でも3500程度の銘柄がある一方で、
日経225先物はラージかミニしか選択肢がありませんし、FXだと主要通貨ペア
(ドル、ユーロ、円、ポンド、スイスフラン)内での取引だけだと20種類以内
でおさまります。

マイナー通貨との組み合わせを加えても合計50種類もいかないでしょうから、
選択肢の絞り込みという点では雲泥の差です。

株式は倒産したら紙切れになるけど、FXや先物は国家が崩壊しない限りは紙切れ
にならない
という殺し文句の効果は絶大ですよね。

それでも株式投資を実践する人が少なくないのは、株価の動きをパーセンテージ
でみるとFXや先物などと比べて大きい
ことから、レバレッジを掛けなくても利益
額という点で大きくなる傾向が見られるのと、配当金や株主優待なども合わせる
と実質的な利益率が高くなる場合が珍しくないという点です。

デイトレードの場合には全くと言っていいほど影響しませんが、バリュー投資や
グロース投資の実践者の場合、FXや先物などのゼロサムゲームと異なり、株価
が上昇し続けることで、理論上は中長期投資家は全員利益を得られるようになる

という点も大きいわけです。

日本株のデイトレードだけで、20ヶ月で資金を70倍以上に増やした(70万
から5000万円)という匿名希望のMeyurinさん(男性)は、銘柄選定に1日
2時間程度、専業トレーダーのためザラ場を監視して最適なタイミングを選んで
トレードしたいということで、トレード時間を1日2時間程度、費やしていると
いいます。

株式トレードでもIFO注文を行える証券会社はありますので、ザラ場を見れない
という人でも問題なく取り組めます。

このMeyurinさんが行っているトレード手法をマニュアルにまとめたのが「日本
株シンプルデイトレード Meyurin式
」ですが、初心者以外は5章と6章を読む
だけでも十分でしょう。

「日本株シンプルデイトレード Meyurin式」を実践するにあたって必要なのは、
以下の通り。

  • 信用口座(証券会社はどこでも構いません)
  • 楽天証券「マーケットスピード」
  • SBI証券「HYPER SBI」