>>公開は終了しました<<

自動売買AI・分速FX@ビットコイン ポイント

  • トレンド内の「ノイズ」を巧みに抜き出す自動売買システム
  • ロジック自体はブラックボックス
  • ビットコイン/円の現物取引が対象
  • ポジション保有期間は長い(数日から数ヶ月程度)

自動売買AI・分速FX@ビットコイン 検証

2008年12月に販売されていた「分速FX24」のロジックをビットコイン
取引に応用して、自動売買システム化したのが「自動売買AI・分速FX@ビット
コイン
」です。

「自動売買AI・分速FX@ビットコイン」のロジック自体は非公開ですが、「分速
FX24」と同様にトレンド中に一時的に発生する「売られすぎ・買われすぎ」
という調整局面からの戻りを狙ってトレードする
という流れになります。

「分速FX24」は、スキャルピングに特化した高勝率トレード手法として知ら
れていましたが、リミットが数pipsなのに対してストップが100pipsという点
が問題視されていた点を除けば、普通にトレードをしていても高勝率で稼げたと
いう印象でした。

「自動売買AI・分速FX@ビットコイン」は、T6P1、T6P2、T6P3という3種類
のシステムが用意されていますが、それぞれのシステムでどのようにロジックが
チューニングされているのかは不明
です。

バックテストを見たところでは、複利運用と、エントリーを繰り返し行った後に
まとめて決済するという点が共通していますが、それぞれのロジックでトレード
回数は異なります(T6P1<T6P2<T6P3)し、決済するタイミングも違います。

「自動売買AI・分速FX@ビットコイン」は、日足チャートと4時間足チャートで
マルチタイムフレーム分析によるトレード判断を行っていることから、トレード
回数は少なく、何ヶ月もポジションを持ち続けることもあります。