appli02_yellow

アシュラトレード ポイント

  • 日経225オプションの「売り」に特化したトレード手法
  • 裁量判断が求められるので必要に応じてトレード練習が必要
  • 「売り」で破綻しないための「絶対遵守要綱」「損切り」を明記

アシュラトレード 検証

日経225オプションは「買い」と「売り」を組み合わせてポジションを合成して
いくトレード手法が一般的ですが、「買い」のみ、もしくは、「売り」のみで取り
組む人もいます。

「買い」で利益が出るのは、日経平均株価が暴騰・暴落を起こした場合ぐらいです
から、購入金額がすべて無駄になる場合がほとんどですが、購入金額以上に損失を
被る心配はないことから、リスクヘッジとして購入する人もいます。

一方で、「売り」はトレード勝率90%と安定的に利益が得られますが、暴騰暴落
時には、一発で退場するどころか、自己破産まで追い込まれかねない巨額の損失を
被る危険があることから、どうやって避けるかが重要なポイントとなります。

そこで、アシュラトレードでは環境認識を行った上で、日経平均株価の動きを予測
してポジションを組み立てていくという流れになります。

この環境認識の部分は、アシュラトレードでは、週足と日足の一目均衡表を使って
行うという説明がされていますが、大雑把な部分があることから、厳密に予測する
ためには別の方法で行ったほうが無難です。

当然ながら、どれだけ厳密に日経平均株価の予想を行っても、突発的な暴騰・暴落
が起こることまで予想するのは不可能ですから、特にオプションの「売り」をする
場合にはリスク管理が欠かせません。

アシュラトレードでは、4種類の「絶対遵守要綱」を満たさない限りはエントリー
しませんし、資金量によって損切り値がマニュアル内で明確に提示されていること
から、それほど苦しむこと無く実践できるでしょう。

しかし、トレード勝率100%は不可能ですから、一発退場にならないためにも、
損切りで失敗しないためのリスク管理はしっかりと行う必要があります。

s-check2-4