appli02_yellow

株の自動売買 12週間習得プログラム ポイント

  • 株式トレード向け自動売買システムを自力で開発するための独学講座
  • マネックス証券「トレードステーション」を使用してロジックを作成
  • プログラミング言語を知らなくてもロジックを作れる
  • 自作ロジックのためにチューニングも自由にできるようになる

株の自動売買 12週間習得プログラム 検証

FXではおなじみの自動売買システムですが、これだけ多くの種類が存在するのは
メタトレーダー(MT)という仕組みがあればこそです。
FX業者の取引システムに影響されずにロジックが作れるというメリットは非常に
大きいですし、ロジックを作成するコストや時間を大幅に短縮できるというのも
見逃せません。

一方、日本株に関してはメタトレーダーのように証券会社に関係なくトレードが
できる仕組みがありません
ので、不特定多数の人に販売することが難しいという
理由もあって、自動売買システムがなかなか普及しません。

しかし、自動売買システムで儲けるためにはハードルが高いとしても、ロジック
を自作して自分のためだけに使うというのであれば、特定の証券会社でしか使用
できないものであっても、取引手数料が非常に高いといったデメリットでもない
限りは、それほど問題にはなりません。

そこで、投資家教育を行うオープンエデュケーション株式会社の紫垣英昭さんが
着目したのが、マネックス証券が提供する「トレードステーション」です。

トレードステーション付属のEasyLanguageを身につけることでロジックを簡単
に作成できるようになりますが、プログラミング言語は難しいと思っているので
はないでしょうか。

株の自動売買 12週間習得プログラム」付属のテンプレートに、以下のように
必要事項を穴埋めするだけで、EasyLanguageを使ったプログラムを自動生成
します。

しかし、ロジックを作れるというだけでは意味がなく、稼げるロジックを作れな
ければ意味がない
ですよね。

損失を出し続けるロジックであれば、あなたも自信を持って作れるとは思います
が、まったく意味がありません。

「株の自動売買 12週間習得プログラム」では稼げるロジックの作り方は当然
として、作ったロジックのパフォーマンスを検証するための方法や、運用成績を
向上するためのパラメーターチューニングについても学んでいきます。

常に最適化できれば、カーブフィッティングであっても問題ないわけです。

そのまま使い続けるからロジックが陳腐化するわけであって、常に調整し続ける
ことによって良いパフォーマンスを維持できればカーブフィッティングでも全く
問題ありません。

s-check2-4