appli02_yellow

日経225の25日移動平均線売買法 ポイント

  • 過去20年間の日経平均株価の値動きから編み出したトレード手法
  • 無裁量で機械的なトレードが可能
  • トレード回数は少ない
  • トレード勝率は70%以上
  • ナンピンやマーチンゲールは不要

日経225の25日移動平均線売買法 検証

日経225の25日移動平均線売買法」は、高田資産コンサル代表の高田智雄
さんが過去20年間の日経平均株価の値動きを検証し、優位性が認められる手法
を公開したものです。

利益を出すのが難しく損失が出やすい時期はトレードを行わずに、簡単に利益を
出せるタイミングだけを狙ってトレードを行いますので、過去20年間のバック
テストではトレード回数は20年間で82回しかありません。

それでもトレード勝率は70%を超えていますし、損切りをせずにトレード勝率
を高く見せるといった汚い手法は使わず、リスクリワードレシオ1.0以上での
結果ですから、優位性のあることがわかると思います。

「日経225の25日移動平均線売買法」という名前の通り、25日移動平均線
を活用してトレード判断を行っていきますが、単純にゴールデンクロスとデッド
クロス、移動平均線乖離率などから判断するとダマシにあうばかりで、なかなか
思い通りに利益を出すことができません。

そこで、高田さんは日経225先物や日経225オプションのSQに着目した上
で、どのように立ち回れば利益を出せるのかを考えた上で編み出しました。

「日経225の25日移動平均線売買法」はエントリーからクローズまでが明確
で裁量判断が不要ですから、機械的なトレードが可能です。

エントリー、利食い、損切りの判断が明確ですから迷うことがありません。

s-check2-4