appli02_yellow

デイズリッチ2017 ポイント

  • 山本和彦さんのおなじみの日経225先物ツールの2017年版が公開
  • 日中取引に特化した寄引システムトレードツール
  • バックテストでは月平均147万円の利益(ラージ1枚:手数料除く)
  • リミット・ストップの検証ができる過去成績表(Excel)つき

デイズリッチ2017 検証

「沖縄移住投資家」こと山本和彦さんが開発するデイズリッチシリーズの最新版が
公開されました。

それが「デイズリッチ2017」です。

トレードの仕組みとしては、これまでのデイズリッチと同じように、ソフトを起動
してシグナルを確認し、証券会社に売買注文を出すという流れになります。

ケアレスミスをおこしかねない面倒なデータ入力などは必要ありません。

デイズリッチ2017は自動売買システムではありませんので、売買注文はあなた
自身が行う必要があります。

どの証券会社でトレードをするのはあなたの自由ですから、取引手数料や売買注文
の豊富さなどで選ぶといいでしょう。
FXとは異なり、日経225先物は大阪取引所で売買注文の処理を一括して行うこと
から約定力を気にする必要はありませんし、証券会社による違いはありますが投資
資金の保護も整備されています。

「デイズリッチ2017」は日中取引に特化していますので、8:45の寄付前に
シグナルを確認する必要
があります。
前日の夜間取引の時間帯に確認するのは早すぎますので、当日の朝にチェックする
程度でも十分です。

その後、当日15:15の大引にポジションをクローズします。
その日のナイトセッションや翌営業日までポジションを持ち越しません。

「デイズリッチ2017」を実践するにあたって、基本的にはリミット・ストップ
の設定は不要
ですが、付属の過去成績表(Excel)を使うとリミットとストップを
設定した場合のシミュレーション
が行えます。
バックテストとなりますが、どの値にすればいいのかを調べるのに役立ちます。

s-check2-4