appli02_yellow

侍マトリックス ポイント

  • パソコンやVPS上で稼働するFX自動売買システム
  • 具体的なロジックはブラックボックス(概要説明のみ)
  • ほったらかしで運用すると損をする可能性がある
  • 暴騰暴落対策としてシステムを停止する必要がある場合も

侍マトリックス 検証

侍マトリックスはメタトレーダー上で稼働するFX自動売買システムです。

スマホを見るだけで十分などとセールスレターには書かれていますが、あくまで
FX業者で取引履歴や残高照会をしているだけの話であって、この理論でいけば、
あらゆるFX自動売買システムがスマホ1台で稼働できると言えます。

侍マトリックスを動かすためには、WindowsパソコンかVPSが必要ですので誤解
しないように注意してください。

侍マトリックスで稼働しているロジックは、大きく以下の3種類となります。

  • 二刀流侍(大きなトレンドを狙うロジック)
  • 武士道侍(レンジ相場でコツコツ稼ぐロジック)
  • 傾奇者(含み損を消していくロジック)

しかし、それぞれのロジックにおいて、どのような条件でエントリーやクローズ
をするのか、具体的なトレードルールは全て非公開となっていますし、傾奇者は
何をしているのかが説明文を読んだだけではサッパリ理解できません。

バックテストやフォワードテストを見るとナンピンやマーチンゲールをしている
ものと推測されますし、完全に断言しているレビューサイトもあります。

侍マトリックスはダメツールだから買うなという結論から始まっているレビュー
サイトで頻繁に見られますが、必ずしもナンピンやマーチンゲールを採用した
こと自体が、糞ツールだと決める根拠にはなりません
ので注意が必要です。

あくまでも、運用が悪いとドローダウンが大きくなるので危険という話です。

侍マトリックスだけに限りませんが、FX自動売買システムというのは得意な局面
と不得意な局面
というのが存在します。

複数のロジックをポートフォリオ化して運用している場合には、選び方が悪いと
全滅になる場合もありますが、適切にロジックを組み合わせてあれば資産の増減
を繰り返しながらも、それなりに増えていくものです。

しかし、暴騰暴落はFX自動売買システムが持つ根本的な弱点ですから、自然災害
やテロ、金融破綻などの予測できないものに関しては無理だとしても、経済指標
など事前に波乱が予想されるものに関しては、事前にシステムを停止させるなど
の対策を取る必要があります。

侍マトリックスでは、暴騰暴落対策はロジックとして何もされていませんので、
必要に応じてあなた自身で行う必要があります。

s-check2-4