appli02_yellow

Ava Swing System ポイント

  • 予兆判定型トレンドフォローロジックを採用したFX自動売買システム
  • ナンピンやマーチンゲールは一切なし
  • 「売り」「買い」が別々に行われるために両建てと勘違いされる場合も
  • 特定のFX業者制限はなし、複数口座での運用も可能

Ava Swing System 検証

Ava Swing System」はパソコン上で稼働するFX自動売買システムです。

グダグダと能書きをたれていても、運用成績が全く振るわないEAが珍しくない中
で、Ava Swing Systemはフォワードでも成果を出しています。

⇒Ava Swing Systemの運用状況はコチラ

「Ava Swing System」だけに限った話ではありませんが、ロジックが不得意な
相場状況(フラットゾーン)と得意な相場状況(プロフィットゾーン)が存在を
することから、右肩上がりに資産は増えていきません。

粗悪なロジックであれば右肩下がりに資産が減っていきますが、優秀なロジック
でも増減を繰り返しながら中期的に資産が増えていく
という流れになります。

「Ava Swing System」は、数日で決済するスイングトレードを行うロジックを
搭載しています。

「Ava Swing System」が特徴的なのは、エントリータイミングとしてブレイク
アウトやトレンドが発生した後ではなく、独自の「予兆判定型トレンドフォロー
ロジック
」でトレンドが起こる前にエントリーするという点です。

これだけを見るとダマシにあって失敗しそうなイメージを持つかもしれませんが
これでもトレード勝率60%前後をキープできていますので、それなりの精度は
維持できていることがわかります。

「Ava Swing System」はナンピンやマーチンゲールは一切行いません。

最大保有ポジションは売り・買いそれぞれに設定されており、初期値は2、設定
変更が可能です。

エントリー時の「買い」「売り」ロジックは独立して動きますので、相場状況に
よって、一見すると両建てをしているように見える場合もありますが、あくまで
別々のロジックがエントリーチャンスにポジションを立てたものであり、両建て
ではありませんので、勘違いしないように注意してください。

s-check2-4