>>公開は終了しました<<

IQ190 Trade 理論 超速スキャル ポイント

  • スキャルピングとブレイクアウトの両方を狙う
  • ブレイクアウトの初動を狙える
  • 独自の「ロジックセンター」で相場に合うロジックが手に入る
  • トレード回数が非常に多く、高勝率で利益も出しやすい

IQ190 Trade 理論 超速スキャル 検証

スキャルピングというと、数pipsの薄利を積み重ねて行くというイメージがつき
ものです。

スキャルトレードでは同程度のストップを用意することでコツコツドカンは避け
られますが、なかなか資金が増えていかないとか、ジリジリと資産が減っていく
といった悩みを抱えることも珍しくありません。

このため、本来的な意味合いでのスキャルピングではなく短期スイングトレード
で2桁pipsから、場合によっては3桁pips以上の利益を狙う人も増えていますが、
今度はコツコツドカンでやられてしまうという具合に、なかなかうまくいかない
ものです。

そこで、IQ190の異才トレーダーとして知られる「kaji」こと梶真英さんが開発
した「IQ190 Trade 理論 超速スキャル」が役立ちます。

「IQ190 Trade 理論 超速スキャル」では、スキャルとブレイクアウトによる
トレンドの両方を狙うことで、バランス良く稼いでいくことが可能
です。

自動売買では珍しくもないポートフォリオの考え方ですが、裁量トレードだと
作業量が増えることから、なかなか実践するのが難しい中で、「IQ190 Trade
理論 超速スキャル」で実現することに成功しました。

その結果、スキャルピングのメリットであるトレード回数が非常に多く高勝率
な上に、スイングトレードのメリットである大きな利益が得られるという両方
の良いとこ取り
が可能となったわけです。

しかし、どれだけ優秀なロジックだったとしても、すべての相場に対応できる
わけではありません。

得意とする相場展開と、不得意にする展開の両方が必ず存在します。

そこで、「IQ190 Trade 理論 超速スキャル」では、独自のロジックセンター
を用意しているので、相場にあったロジックを使い分けて稼げます。

もちろん、複数のロジックを使っても混乱しないように基本ロジックがベース
に有りますので問題ありません。