appli02_yellow

不動産投資参入マニュアル ポイント

  • サラリーマンが不動産投資を行う際に知るべきポイントが学べる
  • 不動産投資の盲点も解説されており投資初心者でもわかりやすい
  • ポータルサイトの情報だけでも物件選びは可能
  • スルガ銀行、静岡銀行、日本公庫などの使い分けができる

不動産投資参入マニュアル 検証

サラリーマンが本業の合間に不動産投資を行うにあたって、専業不動産投資家と
比べると不利な点がいくつも存在します。

まず、何と言っても時間が足りないという点です。

専業の人でも時間の使い方は自由ですから、それほど不動産投資に時間をかけて
いないという人もいますが、必要なときには集中して取り組めます。

一方、会社員の場合には有給休暇を取得するという手段もありますが、いつでも
好きなタイミングで取得できるとは限りませんし、通常は勤務時間外と休日しか
不動産投資に時間を使えません
ので、できることにも限りが有ります。

更に大きな違いとしてあげられるのが、情報量でしょう。

専業の場合には、すでに不動産投資で成功している実績がありますし、それなり
の知識も持っていますので、情報収集をするための人脈も作りやすいわけですが
サラリーマンだと不動産投資に強い知り合いがいることのほうが珍しい上に知識
も乏しく、不動産業者などにいいように騙されることが珍しくありません。

意識的に専業不動産投資家や不動産業者と接点を作っていかないと、専業と同じ
レベルの情報を手に入れることは困難です。

そこで、サラリーマンがこれから副業として不動産投資を行うにあたって必要な
知識を学べる「不動産投資参入マニュアル」が役立ちます。

時間も資金も情報量も足りないサラリーマンが不動産で稼ぐことを前提として、
有名銀行を使ってポータルサイトの物件を購入するという流れで数年後には本業
以上の稼ぎを得る
ことを目的としています。

1年に1棟を購入するペースで十分ですが、当然ながら物件はなんでもいいわけ
ではないので、適切な物件の選び方を不動産投資参入マニュアルでは動画で説明
しています。

その他にも、不動産投資向け融資に積極的な金融機関の代表格であるスルガ銀行
をはじめとして、日本公庫や商工中金、都銀、地銀などから融資を受けるために
必要なポイントが学べますが、金融機関の使い分けは非常に重要です。

スルガ銀行は融資条件がゆるいからと言って借りていると、金利は高いですし、
他の銀行では融資を断るレベルの物件でもスルガ銀行は貸し出すので、次の物件
の融資を受ける際に「不良債権」扱いされかねないというリスクが伴います。

s-check2-4