appli02_yellow

ダブルファントムトレード ポイント

  • 日経225先物ミニ/ラージ向けトレード手法
  • エントリー確認は1日1回5分程度のスイングトレード手法
  • トレードルールが明確で迷うことなくエントリー/決済が可能
  • エントリー回数は月数回と少なめ
  • リスクリワードレシオ2.6でトレード勝率90%以上
  • 損切り幅が決まっていることからコツコツドカンの心配がない

ダブルファントムトレード 検証

ダブルファントムトレードは日経225先物向けのスイングトレード手法です。

日経225先物向けといえば寄引トレードなどが有名ですが、デイトレード手法
であることから、どうしてもエントリーと決済を繰り返すことになって、十分な
利益が得られません。

そこで、ダブルファントムトレードは寄引トレードなどと同様に手間を掛けずに
スイングトレードで稼ぐ手法
として、日経225プロ投資家の小堀ようすけさんが
開発しました。

ダブルファントムトレードは1日1回の相場チェックで十分です。

16:30から22:00の間で構いませんので、寄り引けのように朝の忙しい
時間帯や、日中取引と夜間取引の間の休憩時間という、まさしく仕事中にスマホ
などを開いて相場チェックをする必要はありません。

寄り引けツールのようにソフトに日経平均株価の4本値を入力したり、サインを
確認する必要はなく、チャートをチェックするだけで十分ですから、会社帰りに
スマホでチェックして、条件を満たしていればエントリーするだけ
です。

公共交通機関であれば電車やバスなどを待っている間に終わりますし、車通勤で
あれば、駐車場で車を動かす前に数分程度を費やせば済みます。
(運転中のスマホ操作は道交法違反で、ねずみ取りも強化されています)

ダブルファントムトレードのトレードチャンスは平均すると月数回程度ですから
相場をチェックしても見送りになることが多いのですが、トレード勝率は90%
を超えているだけでなく、獲得利益/損失の割合を示すリスクリワードレシオは
2.6
と非常に高いのが特徴です。

損切り幅をあらかじめ決めた上でトレードをしますので、この手の投資話にあり
がちなコツコツドカンで一発退場といった危険はありません。

この損切り幅を踏まえた上でのリスクリワードレシオが2.6、トレード勝率が
90%以上という水準ですから、非常に魅力的に感じるのではないでしょうか。

s-check2-4