>>公開は終了しました<<

デイスイングFX ポイント

  • 短期スイングトレード向けFX裁量トレード手法
  • ダウ理論と波動論(値幅論)で環境認識
  • 「押し目買い」、「戻り売り」で利益を出していく
  • VQインジケータはダマシが多そうな印象

デイスイングFX 検証

デイスイングFXは、エントリー後、数時間から長くても1日以内に決済すること
が一般的なデイトレード感覚で取り組む短期スイングトレード手法です。

以下のように、裁量トレードではオーソドックスな流れでトレードを進めます。

  • 現在の環境認識を行う
  • エントリー条件を満たせばエントリー
  • 利益確定、もしくは損切り

環境認識はダウ理論と波動論(値幅論)を用いて行います。
デイスイングFXでは動画を使って詳しく解説しますので、全くの初心者でも問題
ありません。

次に、「押し目買い」と「戻り売り」という、古典的でありながらも、安定して
利益が見込める手法でエントリーしますが、トレンドとレンジの切り替えの判断
が不適切だとダマシにあって損失を増やしかねません。

押し目買いや戻り売りに適した転換点に入ったと思って、エントリーすると実は
トレンドが転換した後であって、押し目買いのはずがそのまま下落し続けたり、
戻り売りのはずが上昇し続けて損切りに追い込まれるケースが少なくありません。

デイスイングFXではVQトレードでエントリーの判断をしますが、サインとしては
実践的ではないと結論付けられている
こともあって、現在では見かけることの方
が珍しい状況です。

要するに、ダマシが多すぎて使いものにならないのです。

むしろ、一目均衡表とフィボナッチを使ってエントリー判断をしたほうが適切と
いえるでしょう。