appli02_yellow

仕手株完全攻略マニュアル2 ポイント

  • 現代でも仕手株は存在する
  • 仕手株が暴騰する前の前兆現象を見つけられる
  • テクニカル要因だけでなく開示情報も重要

仕手株完全攻略マニュアル2 検証

仕手株」というと、証券取引等監視委員会による不正調査が厳密に行われている
し、ネット仕手筋などが相場操縦を行ったとして逮捕されていることからも、現在
では起こりようがないと断言する人もいれば、証券会社自身が仕手筋のようなもの
であって、見せ板などは日常茶飯事(機関投資家が行う見せ板は合法。個人は違法)
だから、株価の釣り上げなどは日常的に起きているという人もいます。

理屈はともかくとして、特別な理由がないのにも関わらず、株価が乱高下する銘柄
は存在することから、その株価が動く原因はわからないとしても、仕手株と呼んで
差し支えないでしょう。

仕手株というと、かつては仕手集団が株価上昇を演出するために株価が低いうちに
仕込んでおくというのが定番で、仕込みがバレないように少額で少しづつ購入する
というのが定番でした。

現在は仕込みを行うプレイヤーや手法に異なる点があるとしても、株価が低いうち
に購入するのは変わりませんが、プログラム売買やAIなどを駆使することで、事前
に仕込みを見つけるのが難しくなっています。

同じ銘柄を年間を通じてチェックをし、些細な違いがわかるようにならない限り、
テクニカル要因だけでは株価暴騰の前兆を見つけるのは難しくなってきたと言える
でしょう。

後付で「テクニカル要因による前兆を見つけた」と説明することはできても、目の
前で起こっている時に見つけられるとは限らない
のです。

そこで役立つのが「仕手株完全攻略マニュアル2」です。

適時開示情報をチェックするだけでも、仕手株の仕込みの兆候を見つけるのは可能
だと指摘をするのは、投資顧問会社グロースアドバイザーズの担当者です。

信ぴょう性のわからない「仕手筋からの特殊情報」などを見聞きする必要はなく、
証券会社のWebサイトで提供される情報だけで十分です。

「仕手株完全攻略マニュアル2」で情報の正しい扱い方が理解できます。

百発百中は無理ですが、失敗したときのマイナス分を十分すぎるほどカバーできる
程度の利益であれば、余裕で獲得
することが出来ます。

s-check2-4