appli02_yellow

素人の私にもできた!200万円以下でマイホームを手に入れる方法 ポイント

  • 平成築の一戸建て物件を土地付きで手に入れられる
  • 競売に参加することで市場価格の半分程度の値段で入手可能
  • この価格帯は転売や賃貸目的のプロ入札者が少ないので手に入れやすい
  • 物件の荒れも少なくリニューアル費用も少額で済むケースが多い

素人の私にもできた!200万円以下でマイホームを手に入れる方法 検証

首都圏で一戸建て住宅を購入する場合、新築であれば1億円を支払っても、田舎で
買える2000万円の物件よりもお粗末なケース
は決して珍しくありません。

その一方、中古住宅であれば築浅物件でも意外に安値で手に入りますし、北関東や
山梨県、神奈川県西部や房総半島などの僻地で探さなくても、東京23区通勤圏内
でも7桁の価格で見つけることは十分に可能
です。

もちろん、それ以外のエリアであれば、格安物件を見つけることは更に簡単です。

不動産業者で売りに出されている一戸建て中古物件を探しても構いませんが、更に
安く手に入れたいと思ったら、裁判所の競売物件を狙うのがおすすめです。

首都圏でも200万円以内で買える物件が見つかりますし、東京23区の近くでも
1000万円以内で手に入れることは十分に可能です。

もちろん、昭和の頃に建てられたオンボロ物件や、ペンシルビルのような極狭物件
ではなく、平成築で庭付き一戸建ての中古住宅が手に入ります。

同じエリアで同程度の物件を購入すると、不動産業者経由で1000万円は確実に
超えますので、競売だと半額程度までは安く手に入れられます。

しかし、競売は競争が激しいから簡単には手に入らないと思っていませんか?

不動産投資家は一棟買いを狙いますし、不動産業者に転売して稼ぐプロバイヤーも
少額過ぎて手を出しづらいことから、7桁クラスの中古一戸建てを落札する場合は
ライバルは意外に少ない状況
です。

競売物件というと、資金不足で改築などが行われずに建物内部が荒れ果てていると
言ったイメージがつきものですが、マンションやアパートの場合と異なり、戸建て
住宅の場合には全面改築をしなくても済むケースが少なくありません。

設備が痛みやすい水回りなども、平成築の住宅では、サビやカビが出づらい素材を
使うようになっていますし、一戸建てだと新築で購入した個人が競売までに住んで
いたケースが大半ですから、経年劣化で起こった汚れや痛み程度でおさまることが
一般的です。

そこで、不動産投資実践アドバイザーの長井達郎さんが素人にはハードルが高いと
思われがちな「競売を使った一戸建て住宅購入法」を誰でも簡単に行えるように、
素人の私にもできた!200万円以下でマイホームを手に入れる方法」を公開し
ています。

s-check2-4