appli02_yellow

日経225オプション ハナモク投資法 ポイント

  • 日経225Weeklyオプションを対象としたトレード手法
  • 基本的な考え方は従来のSQ直前のトレード手法と同じ
  • 基本的には木曜の日中取引寄付/大引で「売り」でエントリー
  • 翌営業日のSQ値にて自動決済

日経225オプション ハナモク投資法 検証

日経225オプショントレードにおいて、毎月第2金曜日にSQを迎える通常限月
取引以外に、2015年5月からは毎週金曜日(祝日の場合は前営業日)をSQと
する週次設定限月取引(日経225Weeklyオプション)がスタートしています。

もちろん、日経225オプションを扱う証券会社で日経225Weeklyオプション
の取引は可能ですし、通常限月取引と比べるとオプション価格(プレミアム)が
安いこともあって取引しやすいのがメリットです。

そこで、従来の通常限月取引でも知られていた、SQ直前のオプショントレードで
稼ぐ方法
を日経225Weeklyオプションでも簡単なトレードルールで実践できる
ようにしたのが、先OPシストレ研究室の武藤洋一さんが開発した、「日経225
オプション ハナモク投資法
」です。

ハナモク投資法のトレードルールは以下のようになります。

  • SQ前営業日の日中取引の寄付で売りエントリー(通常は木曜)
  • 同日の日中取引の大引でも売りエントリー
  • SQで自動精算

それぞれのタイミングで、エントリーする前に簡単な計算が必要になりますので
8:45以降、15:00以降にそれぞれ5分程度の作業時間が必要です。

8:45には日経225先物の気配値、15時では日経平均の終値というナマの
値が計算に必要になりますので、前もって作業を済ませることは出来ません。

寄付にプットでエントリーした場合、大引はコールになりますし、逆の場合は、
それぞれコール/プットとなりますので、プットもしくはコールを2枚持つこと
はありません。

バックテストではトレード勝率は72%程度、1回の取引で2万円程度の利益
見込めます。

s-check2-4