appli02_yellow

交通事故の慰謝料と示談交渉マニュアル ポイント

  • 「被害者様」となって多額の慰謝料を得ることが目的ではない
  • 後遺障害が出ない見込みでも慰謝料を多く得る方法がわかる
  • 目標とする慰謝料は80万円(通常は40万円以内)

交通事故の慰謝料と示談交渉マニュアル 検証

交通事故の被害者になると、怪我での痛みはもちろんのこと、その後の対応でも
精神的な苦痛を感じることが珍しくありません。

重傷で後遺障害が明らかに残る場合であれば、その後の人生が狂わされますし、
軽傷であっても加害者側の誠意の足りない態度や保険会社の冷たい対応に苦痛を
感じる
ものです。

そこで、少しでも不満を改善するために、慰謝料を多く貰おうと考えるものです
が、保険会社の担当者の言うがままにふりまわされると、保険会社自身の負担が
ない自賠責保険での金額までに抑えられますので、多くても40万円以内で示談
になることが一般的です。

そこで、交通事故で慰謝料を増やすためのマニュアルをチェックすると、軽傷で
あっても医者に後遺障害があると認定させるために、詐欺に近いことでも堂々と
猿芝居をしないといけないとか、保険会社に逸失利益を認めさせるために強引な
交渉をしないといけないといったハードルの高い行動が必要になります。

これらの交渉が成功すれば一気に数百万円の慰謝料が受け取れますが、被害者様
として、恥も外聞も一切気にせずに、多額の金のためと割り切って行動できない
と、実際に受け取ることは不可能です。

これらのマニュアルには、実行するのは大変ですが多額の慰謝料を勝ち取るため
には欠かせないので努力が必要などと書かれてあるだけです。

そこで、詐欺的なことをしなくても、もっと常識的な範囲での行動をするだけで
最大80万円の慰謝料を受け取れる方法
を奥村総一郎さんがまとめました。

それが、交通事故の慰謝料と示談交渉マニュアルです。

s-check2-4