appli02_yellow

4DFX ポイント

  • スキャルピング向けFX裁量トレード手法
  • 時間ではなく価格が動いた時だけ表示されるチャートを使用
  • ダマシにあう機会を圧倒的に減らせる
  • ライントレードとプライスアクションで更に勝ちやすくなる

4DFX 検証

4DFXはスキャルピング向け裁量トレード手法です。
短期スイングトレードで、短時間でも比較的な利益を狙っていくのがポイントです。

「4D」は4次元を表しており、それぞれ以下の次元を表しています。

  • 時間
  • 価格
  • 速度
  • 変動率

4DFXで使用するのは一般的なローソク足チャートではなく、価格が止まっている
時には動かずに、一定のブレイクが起こったところからチャートが動き出す
という
独特な仕組みを採用したチャートです。

時間足を使わずに値動きに特化していることから、ダマシにあいづらいという点で
大きなメリットが有ります。

このチャートはMT4で動きますので、特別な準備をする必要はありません。

この4DFX独自のチャートを用いることで、トレンド発生やブレイクアウトの発見
がしやすくなり、トレード勝率の高さにも反映されます。

トレードする時間帯や通貨ペアによって個人差は出ますが、トレード勝率70%は
手堅く狙えますし、80%以上も十分に達成可能な水準
です。

リスクリワード比は2:1となっていることから、ある程度の勝率の高さが必要と
なりますが、70%以上あればひとまずは合格ラインです。

4DFXのトレードは、チャート上に表示されるサインに従ってエントリーや決済を
行っていくという流れになります。

トレードルールに従って機械的にトレードをしても、それなりの成績を残せますが
ライントレードとプライスアクションを用いて、サインが出ても実際にトレードを
するかを判断することで、トレード成績を更に向上させることが可能
になります。

なお、4DFXはトレンドを狙うため、完全に値動きがなくなるとトレードチャンス
を待つしかなくなります。

スキャルなので待ちくたびれることは少ないと思いますが、焦ってトレードをした
ところでメリットはありません。

s-check2-4