appli02_yellow

お金が手に入る裏節税マニュアル ポイント

  • サラリーマン専用!会社経営者や自営業者には使えません
  • 副業で稼げなかった人しか役立ちません
  • 副業のためのセミナーやマニュアル代金を経費化して節税
  • 経費化できる範囲が明確でわかりやすい
  • 源泉徴収で支払っている所得税、住民税を取り戻せる
  • 会社に副業がバレないようにする方法がわかるので安心

お金が手に入る裏節税マニュアル 検証

年収が減る一方のサラリーマンが副業に取り組むケースが増えています。
あなたもアフィリエイトや転売などに取り組んでいるかもしれません。

しかし、副業実践者の大半は稼ぐどころかマイナスになっているのが現実ですし
あなたも儲かるどころか損失を出しているのではないでしょうか。

そこで、この副業での損失を有効活用することで、給料から源泉徴収されている
所得税や住民税を合法的に取り返すことが可能
です。

もちろん、源泉徴収された所得税や住民税が全額確実に戻ってくるわけではなく
副業での損失額に対応した分の税金しか戻ってきませんが、それでも数十万円は
期待できるといったら希望が持てるのではないでしょうか?

その仕組みとしては、会社経営者や自営業者であれば、すでに知っていて当然の
話ですが、

  • 開業届を税務署に提出する(税務署内では1分もあれば手続きが終わります)
  • 確定申告を行う(2月頃から3月にかけて自営業者があたふたする季節です)

をするだけです。

開業届は、引っ越しをしなければ自宅の担当エリアの税務署に1回提出するだけ
で構いません。

転勤族などで引っ越しする度に担当の税務署が変わる場合は面倒ですが「所得税
(消費税)の納税地の異動に関する届出書」を、引越し前・引っ越し先の両方の
税務署に提出する必要がありますし、引っ越し後に担当税務署に開業届(移転)
を提出する必要がかかります。

いずれも税務署の窓口だけでなく、郵便でも受付可能です。

ここまで全く意味がわからなかったとしても心配はありません。
お金が手に入る裏節税マニュアル」で解決できるからです。

税金のことが分からない人向けに作成していることから、とにかくわかりやすい
のがポイントです。

その上、2年間のメールサポートもついていますので安心です。

s-check2-4