appli02_yellow

相場師朗 7step株式投資メソッド ポイント

  • 月末で販売終了とあっても無視して良い(来月も販売するから)
  • 1日1時間1週間でマスターするのは無理(動画だけでも9時間29分ある)
  • 「うねり取り」「分割売買」の勉強をするには最適
  • 裁量手法なのでマスターするには練習と経験が不可欠
  • マスターできれば右肩上がりに資産を増やせる可能性が高まる

相場師朗 7step株式投資メソッド 検証

まず、セールスレターを見ると、一番上に販売終了までのカウントダウンが見える
と思いますが、よく読めば分かるように、今月分の販売終了が月末だというだけの
話であって、来月になると再び「再開」しますから焦る必要はありません。

あくまでも、カウントダウンをつけたほうが成約率が上がるというマーケティング
的な手法でしかありません。

この悪徳商材と同じセコイ手口を使わなくても、内容的には十分称賛に値するのが
相場師朗 7step株式投資メソッド」ですが、無駄なところで損をしているように
感じられるポイントがもう一つあります。

「1日1時間7日間のカリキュラムで~」というキャッチフレーズですが、これも
うっかりミスを誘うようなレトリックが隠されています。

1週間後には株式投資で稼げるようになるのかと、あらぬ期待をさせたり、誤解を
招きかねない表現ですが、あくまでも本編の動画(2時間13分)を見るのに十分
な時間だというだけの話であって、追加の動画も合わせると9時間29分あります
ので、合計7時間で見終えることは不可能です。

もちろん、動画を見ただけでマスターできるわけがありませんので、練習が不可欠
ですが、その分の時間は当然ながら個人差がでますので含まれません。

コチラもセールスレターをしっかりと読めば、「カリキュラムが合計7時間」だと
書かれていますので読まない方が悪いと言い逃れができるわけですが、何だか悪い
印象を受けるのではないでしょうか。

これもって「悪質商材」などと切り捨てるサイトも少なくない一方で、内容面では
極めて優れていることから、非常にモッタイナイ売り方をしている印象です。

「相場師朗 7step株式投資メソッド」で学べることは、大きく以下の2点です。

  • うねり取り
  • 分割売買

うねり取り」は林輝太郎さんの著書で注目されましたが、現代風にいうと逆張り
トレード手法で、プライスアクションを使うというイメージですね。

銘柄の値動きの天底を見極めながらエントリーやクローズを行いますので、銘柄の
値動きの癖
を把握する必要があります。

また、相場の天底を確実に的中させることは、まず不可能ですから、エントリーや
決済を複数回に分割することで、一度に全て売買をするよりも利益を増やすことが
可能となります。

いずれにしてもFXトレードでライントレードやプライスアクションをやっている人
から見れば既視感があるかもしれません。

中長期のスイングトレードをしている人からすれば知っていて当たり前という内容
もあるでしょう。

「うねり取り」や「分割売買」は、知識として身につけるだけでは使いこなすのは
不可能であって、デモトレードなどで練習しないとマスターするのは不可能です。

「相場師朗 7step株式投資メソッド」では、ケーススタディを豊富に用意している
ことから、実際にトレード練習を行う前のイメージトレーニングを積むのに役立ち
ます。

s-check2-4