appli02_yellow

借金返済マニュアル ポイント

  • 自己破産のデメリットがわかる
  • 自殺や夜逃げをする必要は一切ない
  • 資産を失わずに済む借金の減らし方がわかる
  • 弁護士や司法書士から教わるよりも安価に済む

借金返済マニュアル 検証

借りたお金が返せなくなる可能性というのは、誰しも存在します。

サラリーマンであれば、会社が倒産して次の仕事が見つからないという具合に、
失業状態が続けば貯金は減っていく一方ですし、住宅ローンなどの支払いをして
いれば、さらに貯金を取り崩すペースは早くなるばかりです。

給料やボーナスカットも珍しくありませんので、想定した給料より少なくなって
しまうことで、ローン支払いが難しくなるケースは増えています。

自営業者や会社経営者であれば、更に「身近」といえるかもしれません。

ライバルの増加や不景気などの原因で、売上が増えない・減ることは日常茶飯事
ですし、取引先の倒産などで売掛金が回収できずに支払いが滞ってしまうリスク
というのは常に感じているのではないでしょうか。

会社経営者であれば会社更生法や民事再生法などを用いることで個人資産と切り
離した形での債務処理も可能ですが、自営業者は個人の資産や保証で事業を行う
ことが珍しくありませんので、一文無しを超えて借金漬けになりかねません。

金融会社で貸付や回収の仕事をしていたという出口智さんは、借金返済に困った
人たちへのアドバイスを行っていますが、借金が返せなくなったら自己破産する
のはデメリットが多い上に危険
だと指摘します。

裁判所で免責してもらえば終わり、官報なんて誰も読まないから実害はないなど
とお気楽・簡単に借金が消えるイメージのある自己破産ですが、その際には家や
車はもちろんのこと、金目のものは全て没収されますし、カードローンなどは別
としても、多くの場合はローン契約の際に連帯保証人が必要です。

自己破産することで連帯保証人に請求がまわりますし、通常は分割で支払う代金
を一括で支払うことが求められますので、その人が支払えない状況であれば自己
破産する事自体を拒否されかねません。

出口さんは、現在の法制度では、借金を減らす方法は自己破産以外にも存在する
ので、自殺して生命保険で支払うとか、夜逃げをして借金の時効が来るまで潜伏
生活をする必要はありませんし、資産を奪われることなく合法的に借金を減らす
ことは可能
だといいます。

弁護士や司法書士などの無料相談窓口に問い合わせると、その方法を説明しては
くれますが、当然ながら、実際の作業は無料ではやってくれませんので、意外に
高額になる
ものです。

そこで、弁護士や司法書士に依頼する際に必要な金額の10分の1のお金で済ま
せられるように「借金返済マニュアル」を出口さんが公開しました。

100万円単位の金額が節約できるケースも少なくありません。

s-check2-4