appli02_yellow

外資系不動産投資法 ポイント

  • 不動産市場が右肩下がりであっても個人投資家が稼げるようになる
  • 外資系投資銀行の不動産投資ノウハウを個人投資家でも行える
  • 物件売却などの出口までを含めた不動産投資ができるようになる

外資系不動産投資法 検証

不動産投資というと、運用利回りだけを意識しがちで、高利回り物件を狙うのが
正解という考え方が一般的です。

しかし、高利回り物件は見つけるのが大変ですし、マンション一棟買いともなる
と金額が大きくなることから、失敗したときの影響が非常に大きく、特に最初の
頃だと一発退場にもなりかねません。

一方、外資系投資銀行は不動産物件の運用利回りだけでなく、購入から売却まで
を「一つの投資事業」と考えて、トータルでの収益を考えることが一般的
です。

投資アドバイザーの永田広治さんは外資系投資銀行、政府系金融機関、海外投資
ファンドなどを相手に、日本国内の不動産物件戦略のアドバイスを行っています
し、現在は活況でも今後は右肩下がりが見込まれる日本経済でも稼ぎ続けられる
手法
を提案しています。

この外資系金融機関等にアドバイスをしている不動産投資手法を個人投資家でも
実践できるようにしたのが「外資系不動産投資法」です。

外資系がトータルでの収益を考えて不動産投資を行うという話を先ほどしました
が、単純に家賃収入の運用利回りだけを収益と考えた場合と比べて投資リターン
が1.5~3.2%程度は簡単に上がる
と永田さんは指摘します。

それだけでなく、通常の不動産投資ではリスクと捉えられがちな空室増加や人口
減少などの要因に対しても、事前に対策を考えた上で取り組むことから、個人で
あっても安心して不動産投資に取り組めるようになります。

外資系不動産投資法で行うことは、大きく以下の3点です。

  • 付属のチェックシートで物件のリスクを洗い出す
  • それらのリスクへの対策をプロの目線で行う
  • プロの判断指標を用いて収益性の有無をチェックする

ここに出てくる「プロ」というのは、プロでなければ実践できないから素人は
無理という意味ではなく、プロが行っている手法を外資系不動産投資法で説明
しているので、あなたも簡単に実践できるようになる
という意味ですから心配
無用です。

s-check2-4