appli02_yellow

大市民流FX資産構築メソッド ポイント

  • ギャンブラーだから劣っているというのはヘイトスピーチ
  • 無裁量でもトレード可能なシンプルな手法
  • 1日の作業時間は長くても5分以内
  • 毎日正午にチャートをチェック
  • エントリー後12時間経過した時点(午前0時)で決済

大市民流FX資産構築メソッド 検証

25年以上のキャリアを持つパチプロの大市民さんが主戦場をFXにうつしたのは
2014年ですが、現在は、大市民さんが作成したトレードルールを「打ち子」に
渡して稼いでもらい、自らはトレード研究やセミナー受講生へのコンサルティング
などを行っているそうです。

ギャンブラーというと人生の落伍者と言ったイメージがつきものですが、稼げない
人の場合には当てはまるとしても、少なくともパチプロやスロプロ、馬券師などと
して生計を立てている人の場合は、しっかりとした分析と研究、対策を絶え間なく
続けている
ものです。

そうしないとメシが食えないというのもありますが、このスタイルはトレードにも
良い影響を与えますし、常に損益が重視させる世界で戦ってきたというメンタルの
強さもあって、トレーダーとしても成功している人は少なくありません。

その大市民さんが開発した手法が「大市民流FX資産構築メソッド」です。

手動でトレード判断やエントリー、決済を行いますが、トレードルールに従うこと
で、ほぼ無裁量でのトレードが可能
です。

当然ながら一か八かのギャンブル的なトレードは一切なく、確率論に基づいた優位
性のあるトレードルールを構築しています。

エントリーするのは1日1回、正午のみです。
トレードルールを満たせばエントリーし、そのポジションを決済するのは12時間
後となる翌日午前0時
です。

エントリー直後に損切り注文を入れますので、よほどの波乱相場にならない限りは
多少のスリッページが起こっても損失は想定範囲内におさえられるでしょう。

トレード判断は数分あれば行えますし、スマホ1台あれば十分ですから、昼休みに
でもパパパッと行えば手間もかかりません。

なお、自己責任にはなりますが、独自に裁量判断を入れることで、更に運用成績を
向上
できます。

例えば、エントリー後は午前0時までポジションを放置するわけですが、トレール
注文などをいれることで一旦増えた含み益が減ってきた場合に利益を獲得しておく
といった方法が考えられます。

とはいえ、為替市場が動きやすいのが日本時間での夕方から夜間にかけてですから
早めに利確してしまうと、その後の大きなトレンドを逃してしまう可能性も出ると
言う意味では簡単ではありません。

これとは逆に、ストップの値をマニュアルにある値から大きくしたり小さくしたり
というのも運用成績に大きな影響が出ますので、十分にシミュレーションをした上
で判断するといいでしょう。

別の観点で言えば、正午の時点でエントリールールを満たしていたとしても、その
日の夜に経済指標の発表があって、その後の値動きが予想できないといったことが
想定される場合には、あえてエントリーしないといった裁量判断も有効です。

s-check2-4