appli02_yellow

DirectionArrow ポイント

  • 無裁量でもトレード可能なFXスイングトレードシステム
  • 予告とサインの2段階でトレードチャンスは逃さない
  • 裁量判断を加えることで運用成績を向上できる
  • レンジ・トレンドの大局的な判断ができないと損失が増えるおそれ

DirectionArrow 検証

DirectionArrow」はシステムが出すサインに従ってトレードをするだけでも
それなりの成績が残せるというFXトレードツールです。

1時間足チャートを使った短期~中期スイングトレードで利益獲得を狙っていく
わけですが、トレードサインは事前予告・本番と2段階で表示されることから、
スキャルピングの場合とは異なり、メールでサインを受け取っても手遅れになる
可能性は非常に低い
といえるでしょう。

外出中にスマホでメールを受け取ってからトレードしても、十分間に合います。
エントリー後にトレーリングストップ注文を行いますので、手間を掛けずに獲得
利益を引き伸ばすことが可能です。

IFO注文でエントリーからクローズまで全自動で取り組むことも可能です。
(FX業者によってはIFO注文でトレールが出来ない場合もあります)

なお、スイングトレードにおける弱点としてあげられる値動きの乏しい相場展開
では、フィルタリング設定はされてはいますが万能ではありません。

細かいノイズを拾ったり、ダマシにあって、エントリー後に損切りを繰り返して
損失が増え続けることも少なくありません。

応用テクニックマニュアルでは、

  • 追加エントリー
  • 負けトレードをリセット
  • ダマシサインの見送り
  • レンジ回避
  • 手動での利益確定

といった、獲得利益を更に増やすための裁量判断の説明がされていますが、これ
だけでは全てのダマシを回避するのは難しいでしょう。

日足や週足などのチャートも見ながらマルチタイムフレーム分析で判断した方が
無難ですし、もっと単純に値動きが乏しい展開の場合はサインが出ても無視する
といった判断も必要です。

s-check2-4