appli02_yellow

株式トレード セクターサイクロン ポイント

  • 低リスクで行える株式デイトレード手法
  • 大引に「翌日上昇しそうな銘柄」を買い「翌日下落しそうな銘柄」を売る
  • 決済するのは翌営業日の前引
  • 日経平均株価・TOPIXが上げても下げても利益が出る可能性が高まる

株式トレード セクターサイクロン 検証

株式トレード セクターサイクロン」は短期上昇期待銘柄短期下落期待銘柄
両方にエントリーする株式デイトレード手法です。

そんな一挙両得を狙ったトレードが成功するわけがないとか、共倒れになったら
どうするんだといった心配をしているかもしれませんし、上昇相場だったら下落
銘柄自体が少ないから上昇期待銘柄のみエントリー(逆も同じ)するほうが資金
効率がいいのではないかと思ったかもしれませんね。

しかし、一見すると効率が悪そうに見える買いたて・売り建ての両方を行うのは
リスク回避のためであり、株式市場全体の値動きに影響されずに安定的に利益を
出し続けることを目的
としているからです。

毎回のようにベストな選択が完璧にできれば、誰でも短期間で一気に稼ぐことが
できますが、未来を透視できる超能力でも持っていなければ1秒先のことさえも
わかりませんので、ベストな選択を完璧に行うことは不可能です。

このため、実現できる可能性が高い選択肢を選ぶことが重要となりますが、上昇
・下落のみを予想するのは片手落ちのため、株式トレード セクターサイクロン
では両方の可能性を考えてトレードをしています。

「株式トレード セクターサイクロン」では、エントリーするのは後場の大引け
となり、決済するのは、翌営業日の前場引け
となります。

後場が終了する前の14:30頃からリサーチをはじめて、後場が終わる15時
までにエントリー注文を出すだけの手軽さです。
10分もあればリサーチから銘柄選定まで行えますので、時間が足りないという
心配はありません。

決済注文は、証券会社によっては事前予約で出せますので、手間がかかりません。

s-check2-4