appli02_yellow

東京オンリーFX ポイント

  • 11時~14時のレンジ相場を狙ったFXトレード
  • 値動きが乏しいことから損失が出づらいという点に着目
  • スキャルピングでポジション持ち越しは無し
  • スマホのみでトレード可能

東京オンリーFX 検証

FXで稼ぐためには、値が大きく動く時間帯や状況を狙うのが最も効率的ですが、
誰もが最も効率の良い方法でトレードをしなければいけないというわけではあり
ません。

投資系レビューサイトなどで、

  • 資金効率が悪い
  • 時間効率が悪い

などといった理由でダメとか使えないなどと切り捨てる光景は珍しくありません
が、しなくても良いムダをする必要はないとして、自分ではコントロール不可能
なリスクを抱えてまで、最高の効率を目指す必要はない
のです。

コントロールできないリスクというと、高すぎるレバレッジをイメージするかも
しれませんが、反射神経や運動神経なども含まれており、短時間で為替が大きく
動く状況で0.1秒でトレードできる人と数秒、10秒以上かかる人では損切り
するにしても損失額は大きく変わってきます。

高齢者がF1カーを正しく操縦できるのかと考えればわかりやすいでしょう。
判断能力や運転操作能力が低下していることから、カーブで曲がりきれずコース
アウトするのが目に見えています。

同じF1カーでも、レース中の時速300キロ以上の走行ではなく、一般道を走る
速度で運転すれば、車の特性を別にすれば高齢者でも無理なくコース走行できる
わけですから、身の丈にあった無理のないトレードをしたところで非効率などと
罵られる筋合いはない
わけです。

東京オンリーFXは、値動きが乏しいことから、効率性を重んじる人にとっては
忌み嫌われることが多い11時から14時に特化したFXトレード手法・ツール
となります。

この時間帯の為替相場の値動きの乏しさは統計的にも明らかになっています。
昼間に発表される経済指標もありませんので、材料自体が乏しいのです。

株式市場だと、昼休みの間にネガティブ情報が公表されて、後場の寄り付きから
株価が暴落するケースは珍しくありませんが、為替に影響が出る材料は少ない事
から、大きく動くほうが珍しいですね。

東京オンリーFXでは、以下のシンプルなトレードルールで売買を行います。

翌日以降にポジションを持ち越しませんし、ナンピンやマーチンゲールはしない
ことから、エントリーした後の次の売買注文はは必ず決済となります。

スマホだけでもトレードができますので、会社員でも昼休みなどが活用できます
し、バックテストではトレード勝率が66.94%と高く、最大ドローダウンも
5.63%(ストップは30pips固定)と実運用で極端に成績が悪化することは
考えづらいため、あなたがトレードをした場合でも、同様の運用成績が期待でき
ます。

s-check2-4